ほうこうレポート

ほうようポケモン、こうもりポケモン。

【Youtube】ライブ配信の始め方から応用までこの記事で全部練習してください【OBS】

はじめに

本記事は、ゲーム配信や大会の様子の配信方法を配信初心者に習得して練習してもらえるように書いている記事です。適宜必要な情報を拾ってください。解説というよりは寄り添って教える感じイメージでがんばって書きます。めちゃめちゃ丁寧なので冗長に感じるかも。
2021年8月25日~31日に行われたポケモンサークルの交流企画「ポサリンピック2021」で僕が実際に配信を行った経験を元に書いているので、一応大規模なオンライン企画の配信準備を想定していますが、細かいところに目をつぶってもらえれば個人の配信も習得してもらえるはずです。
具体的には、↓このチャンネルでやっていることが全部出来るようになります(絵など素材作りは除く)。
www.youtube.com
サリンピック2021について気になる人はこちらのブログを参照にしてください↓

絵など素材作りや、その他大会運営に必要な技術は↓こちらを参考までに。
kurobasana.hatenadiary.jp

アカウント用意編

配信ソフト準備・扱いの基礎編

アカウントが出来たら、配信ソフトをなんとかしましょう。
今回は皆さん御用達「OBS」を使います。

Switchの画面を映す

Switchの画面を映したい、ということは「キャプチャーボード」、キャプボが必要です。
キャプボは簡単に言うとゲームの画面表示データをパソコンに移動してくれるやつ。これがないと、配信ソフト(OBS)にSwitchの画面は映りません。
キャプボのお値段は1000円~25000円くらい?と様々ですが、用途によります。
ポケモンの対戦だけ映ればいいやというのであれば、1000円くらいのでも足りるらしいです。
ただ、他のゲームをやりたくなったときに1000円のものだと画面の遅延がバカにならなくなってくるらしく、高いのが必要なんだとか(詳しくないため受け売り)。
これからオンライン化が進んでいけば、パソコンにSwitchの画面を映せると便利なときも増えてきます。特にオンラインで活動してるポケモンサークルだったら絶対重宝します。
なので、個人的には先行投資だと思って思い切って買って損はないのかなーと思います。

キャプボを手に入れたら、そのキャプボについてる説明書と、↓のページを眺めつつ頑張ってみてください。
OBS Studioのキャプチャデバイス(キャプチャーボード)の設定
これも先ほど挙げたページと同じところです。

PCゲームではなく、ゲーム機を専用のキャプチャデバイス経由でOBS Studioに画面を表示させることも可能です。
キャプチャデバイス(キャプチャーボード)を使った場合のOBS Studioの設定を紹介します。

1.OBS Studioの画面下部にある「ソース」の「+」から「映像キャプチャデバイス」を選択します。
2.キャプチャデバイスがOS上で認識されていて、かつOBS Studioに対応しているものであれば「デバイス」の欄に表示されますので選択しましょう。
その際、画面の解像度などの設定も変更できます

引用:OBS Studioの使い方、ゲーム実況やライブ配信で使われる定番のソフトのインストールから設定方法までをご紹介
URL:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_gamepc_obsstudio#ch05(さっき上に書いたやつ)

シーントランジション

サリンピックではシーンとシーンを変えるときに、こんなカットインを挟んでいます。

こういうのができると、配信もちょっとかっこいいよくなりますよね。
これの設定は「シーントランジション」からできます。
f:id:kurosana309637:20210925162125p:plain
試しに、「カット」と書いてあるところをクリックして「スワイプ」を選んでみてください。
そして、「シーン」を今見ているのとは別のシーンに選択してみると……
こんな感じでシャっと横にスライドします、すごい。
f:id:kurosana309637:20210925162350p:plain:w300

じゃあ今度は、シーントランジション内の「スワイプ」をまたクリックして、「追加:スワイプ」を選んでみましょう。
OKを押すとなんか設定画面が開きます。
f:id:kurosana309637:20210925162719p:plain
「方向」を「上」に設定して、トランジションのプレビュー」を押してみてください。
上に動きます。
スワイプインにチェックを入れてトランジションのプレビュー」を押すと、同じ上でもまた移動が変わります。
説明は同じなので省略しますが、「カラーにフェード」とか「輝度ワイプ」とかも設定してみると、これだけでちょっとかっこいいです。


で、上で紹介したポサリンピック2021のカットインは、このどれでもありません。
自分でシーンチェンジ用の動画素材を作って、その動画をカットインとして挟むように設定しています。
シーントランジションの種類でいうと、「追加:スティンガー」です。
シーントランジションの種類から「追加:スティンガー」を選んでOKを押すと、↓こんな設定画面になります。
f:id:kurosana309637:20210925163558p:plain
「動画ファイル」の欄の「参照」を押して、シーンチェンジ用の動画素材を設定してください。
そしたら、一番下にある「トランジションのプレビュー」を押してみてください。
動画が流れてシーンが切り替わるんですが、ちょっと待てよと。
画面Aから一瞬で画面Bに切り変わってから動画流れてるじゃねーか馬鹿野郎となります。
本来映像が流れている裏で画面Aから画面Bに切り替わってほしいので、ちょっとだけ切り替えるのを遅くしてくれとOBSに頼む必要があります。
具体的には、「動画ファイル」のすぐ下にある項目2つをいじります。
トランジションポイントの種類」→「フレーム」
トランジションポイント(フレーム)」→「30」
f:id:kurosana309637:20210925181522p:plain
こんな感じにしてもらえればOKです。まぁおまじないだと思ってください。

これで設定は終わりです。シーンを変えれば動画が流れるのが確認できます。

え、シーントランジション用の動画素材なんて持ってない?
「OBS シーントランジション 素材」で検索したらなんかいい感じのがいっぱい出てきます。
ありがたくいただきましょう。
自分で作りてえんだって方はこちら↓
ポサリンピック2021振り返りレポート ~使った技術編~ - ほうこうレポート


配信画面を作る

さて、これで配信画面を作る技術として教えられることは全部教えました。
実際に配信画面を作るわけですが、ここからは皆さんのセンスでがんばるしかありません。
1つだけいうなら、センスは経験なので、自分が知ってるかっこいい画面を真似しましょう、とだけ。
背景の素材などの用意は、検索していい感じのを持ってくるでも、自分で作ってしまうでも、がんばってください。
作る場合は、↓こちらで素材の作り方など最低限解説しておきました。

サリンピック2021で使用した配信画面を参考にする場合はこちらから↓
ポサリンピック2021振り返りレポート:配信素材準備

配信設定

さぁあとは配信設定をするだけ。
OBS右下の「コントロール」から、設定を開きましょう。
f:id:kurosana309637:20210925194651p:plain
「配信」をクリックして、サービスを「Youtube」に設定します。
f:id:kurosana309637:20210925194725p:plain

あとは「ストリームキー」を設定したら終わりです!!
ストリームキーは簡単に言えば、Youtubeにいっぱいあるチャンネルの中で、あなたのチャンネルはどこですか??みたいな住所を表すモノ。
これは、Youtubeの画面の右上で「ライブ配信を開始」を押して、ライブ画面に移動すると手に入れられます。
f:id:kurosana309637:20210925195102p:plain

このストリームキーを設定したら本当に準備終わり。
あとはYoutubeの方でタイトルなどライブの設定をして、OBSの「配信開始」ボタンを押すだけ。
ここまでお疲れさまでした。

応用編

さてさてここからは応用編、というかちょっと難しめな話です。
覚えなくてもたぶんなんとかはなるけど、もしかすると使いたいことが出てくるかもしれない(というか僕が実際に使った)ので書いてある、そんな知識。

画面整理の豆知識

トリミング
四方の四角をクリックしながら動かすときに、「Alt」キーを押しながら動かしてみてください。
そうすると画像の一部分だけにすることが出来ます。トリミングってやつですね。
f:id:kurosana309637:20210925013133p:plain

画面ギリギリに近づける

↓こんな風に、画面端ギリギリに、でも画面端にはくっつかないように配置しようとしてみてください。
f:id:kurosana309637:20210925013201p:plain
強制的に画面端にくっついてしまうはずです。
スナップ機能といって、普段なら位置をぴったり調整するのに役立つモノではあるのですが、邪魔な時もあります。
この機能を解除するには、「Ctrl」キー、コントロールキーが重要です。
コントロールキーを押しながら動かしてみてください。上手くいきます。

真横に倒す

こんな風に画像などを横に倒したい、そんなお願い叶えます。
f:id:kurosana309637:20210925014912p:plain:h300
まず回転させたいモノをクリックするなり、ソースの中の画像を選択するなりして、画像を赤く光らせます。
そしたら、回転させたいモノで右クリック。更に「変換」にカーソルを合わせて、「時計回りに90度回転」を選んでみてください。回ります。
f:id:kurosana309637:20210925015040p:plain:h450

スタジオモード

さて配信画面もできればもう配信はできるんですが、その前に1つ、「スタジオモード」のテクニックを覚えたらいいかもしれません。
OBSの右下、「コントロール」タブの上から4番目。
f:id:kurosana309637:20210925182920p:plain

こいつをクリックすると、なんと画面が分裂します。
f:id:kurosana309637:20210925183010p:plain
こいつはどういう意味かを説明していきます。

  • 左側の画面(プレビュー)→さっきまでの、レイアウトとかをいじるのに使っていた画面です。
  • 右側の画面(番組)→こっちは、実際に今ライブをしていたとしたら映っている画面です。

試しに左側の画面にあるものをなにか動かしてみてください。
左側では動いているのに、右側の画面では動かしたはずのものが動いていないはずです。
そして、動かし終わったら、ど真ん中に書いてある「トランジション」をクリックしてみてください。
右側の画面が切り替わって、左側の画面と同じ配置になりました。

そう、つまり、画面配置を変えている途中のあたふたしているところを映さずに、配置換えが終わってからライブ画面に反映させることができるのが、「スタジオモード」です。
適当に配信するなら別に気にする必要はありませんが、配信のクオリティをあげたいのであれば覚えておいて損はありません。

ちなみに、真ん中の「クイックトランジション」を+ボタン押して増やしておくと、画面を切り替える方法を使い分けられるようになります。
「シーントランジション」に「スティンガー」を設定した状態で「トランジション」ボタンを押すと、ちょっと文字の位置変えただけでも、切り替えるといちいち動画が流れてしまいます。そんなときに「クイックトランジション」の「フェード」などを設定しておけば、画面の切り替え方を使い分けることが可能です。
かっこいいというよりは、違和感のない配信が出来るようになりますね!

仮想オーディオデバイス

これは新しいものをインストールしたりと難しい話になると思うので見なくてもいいかもしれません。
一応内容としては、「デスクトップ音声でまとめないで、通話の音だけに絞ってOBSに入れたいよ~」というお悩みをお持ちの人に向けたモノになります。

終わりに

これで僕のOBSについて持っている知識は全部です。
皆さんが少しでもOBSについて分かったなら嬉しいです。
それでは。




サムネ用
f:id:kurosana309637:20210925023421p:plain:h300
適当サムネがよぉ